事故現場!

昨年の6つき16日の日曜日にアルティメットの世界大会の決勝戦を見ようと思い白良浜へ原チャリで出かけていたおりに見通しの悪い狭い道路同志の交差点でトヨタパッソに負けて宙に浮いてしまった事故現場に1年ぶりに行ってみました。
jiko06161.jpg
道路は、相変わらずのままで雑草も生い茂っていますが交差点になると雑草が刈りとられて砂利が敷き詰められて見通しよくなっていました。
また地区の防災コンテーナーとかも設置して広っぱ状態に...
jiko06162.jpg
ただカーブミラーは1本のままです。
これだけ広くしてくれていたらあんな事故はおこらなかったのにと道路管理者に怒りを感じました。
管理者の和歌山県や県警には、事故後苦情のメールを入れて受理しましたとのことでしたので、まぁその結果だと思います。まだ砂利の山が残って板野でもう少し拡張するのでは思います。
トヨタパッソに負けて飛ばされ宙を舞ってからは一緒にここ数年2,3回しか当たらなくなった懸賞運も一緒に飛ばされた様でこの1年全く懸賞にあたっていません。強いていうと1月にお年玉付き年賀で切手シートが1枚あたったただけで、大人数にあたるアマゾン券500円も当たりませんでした。
最近は新型コロナのおかけで経済の落ち込みもひどくて懸賞の数もかなり減っていて、私のささやかな楽しみも何もないです。

また昨日ですが、実家のヤマモモ採りに行っていて古い瓦葺きの小さな倉庫の屋根に乗っていたら踏んだところが悪かったようでいきなり屋根に体か吸い込まれるようになり背中から落下しました。
落下した瞬間目の前が真っ暗になっていっしゅんスローモーションのような感じでした。
幸いおいていて自転車のサドルに背中から落下したのであとはずるっと瓦やその下に敷いていた泥土と一緒にバサッと...
とりあえず、後片付けしてブルーシートを張っておきました。
jiko06163.jpg
まぁ、所々瓦がずれたり瓦屋根を支えている板も腐っているのでそのうち風雨で落ちると思っていたら私が乗って落ちてしまいました。
そのうち中に入れているモノをだしてツブさねばと思います。
田舎には、人が住まなくなったり使わなくなった建物の傷みがひどくすでに穴のすいているところやもう落ちるだろうと思われるモノが多く存在していて実家の周りにもあります。
jiko06164.jpg
jiko06165.jpg
潰すにも多額の費用がかかるので仕方ないかと思います。
和歌山は人口減少が著しく空き屋やも多く存在しているので今後益々増えると思います。そういえば自宅の住宅地の空き屋の○○ホームとかで建てたプラモデルの様なおうちもあちらこちらで色んな部品が腐食して落ちて来ています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント